2014年3月16日日曜日

■kindleで自分の漫画を自分で出版したよ。

■というわけで、ふと思い付いてkindle本を出してみましたよ。

「魔法使いのお時間よ(愉快な魔法)」1



This is a four-frame comic full color.

English and Japanese versions will contain together. 
First half of the book is in the Japanese version 
The second half is in English.

There are 247 pages in all.

基本的にiPhoneアプリで出してたやつと同じです。
あっちは四コマを一コマずつ読む感じでしたが
こっちは四コマ1本を1ページに表示の感じです。

そして値段も309円です。
もっと安くしようと思ったのだけど、容量多くすると安くはできないみたいなのね。
このサイズの最低価格っぽいです。
2.99$なのね。円にしたら309円になったのよ。

■いやー、しかし面白いですよね。

数年前から、東京トイボックスの漫画家うめさんが
電子書籍関係は率先してどんどん挑戦してらっしゃってて。
続いて漫画家鈴木みそさんが
kindleでしっかりと「儲け」を出した。


でも、その時点では漫画家さんが出版社が見切りを付けてしまった漫画を作家個人で出版するって感じで
アマチュアでオリジナルの同人誌を出す人もいたけど、それはあくまで趣味で
「それほど売れないけど」前提で出していた感じだったので。

私みたいな、商業雑誌デビューしているようないないような
でもアプリとか出したりちょっとした漫画の仕事はしている人間は関係ないかなー、とか思っていたんですよ。

■漫画雑誌の編集者さんと話しても
「いやー、四コマ漫画はあまり売れなかったんで今はウチの雑誌ではあまりやってないんですよー」とか
「カラー漫画はやっぱりコストかかる割に売れないんでモノクロで」とか
「web連載もやろうという話はあるんですけどねー、そのうちですねー」とか
「翻訳版とかは数も少ないし、翻訳もただじゃないし、まずは日本で売れてからですよねー」とかとか

みたいな感じだったのですが。

■あれ!?これ全部kindleで出来るんじゃないのか!?

しかも発足当初と違っていろいろ専用ツールとかも出て来て
簡単っぽいし!
漫画のデータも揃っているので
やっちまおう!
自分で!

ダメでもともと
失敗して売れなくてもなんらダメージは無いので
やらなきゃ損じゃーん!

と、もりもり作業して
スパパパーンと完成して
アップしたら数時間で出版されたよ。
やっほい!


■kindle版「魔法使いのお時間よ(愉快な魔法)」1



四コマ11本+表紙が1話分で、それが「10話」あります。
そしてなぜか前半「日本語版」で後半は同じ話の「英語版」です。
ハイブリッドです。
ステキ!
自分で訳しましたよ。
Google翻訳とかで。
私は英語レベルは中高で覚えたものが全てだ!
それでもなんとかなるよ!

そしてフルカラー漫画なのだぜ!

■なので値段的にも、まぁ良い感じになったかなー、と思います。
だいたい四コマ漫画の単行本って6ページ19話で全114ページで千円くらいしますからね。
分量はその半分、
でも英語版を加えて2倍で、とんとん。
(英語版いらねー、って話はおいといて。日本語勉強したい人にはお得)
そしてフルカラー。
で、309円ってのはお安い!

■そんなわけなのでとりあえず買ってみてくださいな。
kindle本とか買ったこと無ぇー、って人も
紙の本で出たら買うよ、なんて人も
「体験」してみることは重要で、とても楽しいですよ。
これを良い機会と見て、買ってみるのも面白きこと。
良きかな、善きかな。

■ちょっと長くなったので「どうやってkindle出版出来たのか、その手順」についてはまた次回!

■あ、「今すぐサンプルを送信」ってのを押せば「無料」で2話くらいまで読めるよ!
おためせ、お試せ!

■基本事項として以下の機械を持っていると読めるよ。

Kindle Paperwhite
Kindle for Android
Android タブレット用の Kindle
Kindle for iPhone
Kindle for iPod Touch
Kindle for iPad
Kindle Fire HD(第1世代)
Kindle Fire


iPhoneとかAndroidはkindleのアプリを入れたら見れるってことね。

■続いてその方法を説明するよ
■kindleで漫画を出版する方法:KDP(kindle direct publishin)

0 件のコメント:

コメントを投稿