2018年11月10日土曜日

【映画感想】ボヘミアン・ラプソディ 【#BohemianRhapsody】


■いやークイーンのことも
フレディ・マーキュリーのこともほとんど知らんのだけど。
と言うか洋楽も疎い感じなのですが
映画はサイコーでした!
すげぇ!
人生がここに!
人生が音楽になった!
そして全てが繋がってゆく!

いやー、たまらんですなぁ。


■伝記的な話。
フレディがバンド始めて
成功して
挫折して
復活する。
そこには家族があり
恋人があり
友達がいる
そしてその全てと喧嘩する^^
取り返しのつかないようなダメなこともする。


■感情がクシャクシャになってしまうような絶望感。
しかしそれでも音楽にはパワーがある。
それらをすべてひっくるめて包み込み
許し、前に進む力を与えるパワーが、
そこにある。

■大勢の前でのパフォーマンスをするとき
プレッシャーで音を外すことは許されない。
しかし、だからこそ俺は、
俺の望む自分になれる。

なんてことを言いよるのよー。
あぁ、もうー。


■そして生真面目なお父さんは
「善き考えをして、善き言葉を使い、善き行いをしなさい」
と言い続け、ロックの理解なんて何もなかったし
お互いに理解しあえなかったのだけど。
最終的にチャリティーライブで多くの人を救うという
父の教えにたどり着いてしまったときは泣いちゃうよね。

偶然なんだけどね。

人生は不可思議だ。


■途中も音楽シーンはどんどん入って行くのだけど
ラストは怒涛に数曲連続で
ライブシーンをまんま再現している。
その映像、音楽も当然素晴らしいのですが。
その楽曲がこれまでの彼の人生の総まとめに
なっていて、ほとんど走馬灯のように!
いや、いろいろあったけど間違ってなかったんだよ!
俺も、君も、あなたも、オマエも
勝利者なのだ!
ここにいる全てはチャンピオンなのだ!


■そんな感じで
全ての楽曲が彼の人生に収束されると共に
聞いている観客の全てが
「これは私のことを歌ってくれているのだ」
なんて思ってしまう。
感情がわちゃくちゃになってしまう。
絶頂の幸福感がそこにあるのですよ。

なんてこったい!

なんだこれ!

なんだこれー!!


■そんな感じで充足の煌めきの喜びが溢れ出ますよ。
ヤッタネ!

生きていて良かったんだ!

うおおおおおお!!!!!





あと、ベースの人が一番偉い^^









2018年11月5日月曜日

真っ当なことを言っているのに不穏さしか感じさせない第四王子ツェリードニヒ【ハンターハンター】

真っ当なことを言っているのに
不穏さしか感じさせない
第四王子ツェリードニヒ

サウジ編。

シリア編。


極楽京都日記: 漫画家の手 



2018年11月4日日曜日

【映画感想】ゴッホ〜最期の手紙〜


■TSUTAYAの更新ハガキが来て借りに行ったのだった。
というかもう1年に一回しか借りに行かないという。
でもまぁ、ネットフリックスとかで見られなさそうなものを借りようと
物色して見つけたのがこれだ。

当時、全編油絵アニメとして多少話題になっていたものの
観に行った人の感想をほとんど聞かなかったのだ。


■で、見た。
結論から言うと
悪くなかった。
と途中まで思っていたけど
最後まで見ると
結構ジワっと来て
あれ、ちょっと良いんじゃないかな?
いや、そこそこ良いんじゃないかな?
と言うか、ちょっと心がザワついてしまうんですけど。
どうしてくれるんですか?


■いやまぁ、地味な映画なんですけど。
芸術家の苦悩をわかりやすい感じじゃなくて、
外殻を少しずつはめ込んで行って
ちょっとだけ中心の形がわかるような、
あれな感じなのだけど。
あぁ、わかって欲しいが
わかられても困る。
奇妙な心情になってしまうのです。


■そしてその油絵アニメですが。
もちろん一枚一枚描いてて凄いんですが
実写で撮ってそれをトレースする
ロトスコープでしたっけ?
その手法でやっているので
逆に絵が上手すぎると実写にしか見えなくって
絵で描いてる意味ねぇー!ってことになってるシーンも多数。

■でも、背景がゴッホのタッチの筆使いになったり、
ゴッホの代表作のシーンがさり気なく出て来たり、
肖像画の人物がアニメで動いているのを見ると。
もう笑っちゃうほど、奇妙な感動があります。

■それがまた実写に近いモノクロシーンから
ゴッホタッチのシーンに戻ると
光が輝いて、喜びに溢れてしまうのです。


■物語はゴッホの死後数週間立ってから
ゴッホとその弟との手紙を届け続けていた
郵便局職員が息子に一通届かなかった手紙をどうにか探して届けてくれ。
と言われ、その男は渋々ゴッホのいた地へと旅に出る。

■しかし、そこで彼の死について聞くと。
いろんな人が別々の事実を言い始めるのですよ。
なんなのだ?いったいどれが本当のことなのだ?
乗り気でなかった男もそのミステリーにじわりじわりと引き込まれてしまうのです。


■そんな感じで、まぁそこらへんも地味な感じなんですけど。

じわじわ引き込まれてしまう。
引き込まされてしまったのですよー。

そしてその旅路は芸術家のコアの部分を触り始めるのです。

あぁ、もう!

そんな感じー。

じたんばたん。

■特にオススメはしないけど。
じんわりしたい時に見ると良いかも?
自分とは何か?とか
もー。

芸術家肌の人は致死量かもしれんよ。
うひひ。











2018年10月31日水曜日

【11/3発売】太陽系第三学園 内海まりお【kindle新作】#創作同人電子書籍




というわけで
この間コミティアで出していた
短編読み切りをkindle化です

太陽系第三学園
〜王の凱旋〜

11/3発売開始。
予約をするが良いよ。

サンプル。










偉大なる王様のお話です。
女の子三人組の日常漫画を描くつもりでした。
いや、そのシリーズの中の一編なんだよ。
今回はたまたまバーフバリなだけなんだ!

兎にも角にもよろしくね。
120円だしサクッとね。



魔法使いのお時間よ6巻もよろしくね。




第8回いっせい配信「創作同人2018年11月」参加作品 

「太陽系第三学園」発売記念
無料キャンペーン実行中。3日間! 

11/1(16:49)〜11/4(17:00)

「魔界大決戦」





2018年10月30日火曜日

【新作更新】魔法使いのお時間よ71話(92)【お知らせ】

WEB漫画【新作更新】魔法使いのお時間よ71話(92)
門番と魔法使い


つづきは↓こちらで





救世漫画ですよ。
ですかな?
どうかな?
とりあえず皆幸せになれば良いよ。

※新しい場所「DAYS NEO」が追加です。

LINEマンガ公式は10話ぐらい溜まって単行本?をセットで出さないと
更新できない仕組みのようなので。
今回更新は無しです。(というか2、3年なしになりそう)



kindle本
「魔法使いのお時間よ6」
発売中!レビューとかもよろしくね!

緊急!
11/3発売kindle本
「太陽系第三学園」


2018年10月27日土曜日

【漫画感想】脳のない男 まどの一哉


■表紙の絵が気になって買おうかなぁと思うも
1700円とお高い!

サンプルとかないかしら?と調べてみると
電脳マヴォに載っていた。
あぁ、こういう系なのかー。
うう〜ん、どうしようかなー。

と思いつつ本屋に行くと無かったので
買うのはやめようと思ったが

やっぱり気になるのでアマゾンでポチる。(衝動的行動!)

■んで、読んでみたら
すごい面白いーー!!
というか超私好みだったーー!!
特に「空気なげ」というのはラストのオチで
声を出して笑った。
今でもそのページを見るたびに笑う。


■んじゃギャグ漫画なのか?
というかそうではなくて
基本的に「世にも奇妙な物語」系の不思議な話の短編集です。

しかし、SF的であったりサスペンスや不条理系であったりするのだけど
明確なオチもなく、ただそこに漫然とすごく整った不思議さが横たわっている。

■奇妙な物語だと、主人公が追い詰められたり
もしくは、嫌な奴が酷い目にあって読者がスッキリするとか、
よくあるのだけど。
そういうことでもない。


■いわゆるガロ系のアングラ漫画方面の作家さんなのだけど
その辺り特有の自己表現とか自己顕示欲とかドロドロした承認欲求とかひねくれたアート感、
みたいなものも全くない。

■いや、本当にそこにあった不思議なことを
そのまま描いただけなんですよ。
とでも言わんばかりに

自己がない。

■笑う場面も多いのだけど
笑わせようとする意図が見えない。

何もない。


■それがすごく透明で、
そのこと自体がすっごく笑えてしまうんですよね。

なんというか神様が作ったギャグ漫画みたい。

ねぇ、人間!
これ面白いよね!

いや、神様よくわかんねっス。
変なのはわかるんスが。


■本当に、宇宙の隙間で見つけた変なものを
そのまま持ってきました、てな感じで。

綺麗なちょうど良い形の豆腐みたいなのです。

何言ってんだか。

■と、こんな文章を読んで興味が湧いたという変人は
買うと良いでしょう。
多分、少数部数で本屋には無いと思うので
アマゾンとかで買うが良いよ。


■あと、表紙の絵の話は無かったのだ!
(目次やあとがきの絵と繋がっているのかもしれんが)

変な漫画!

他のも買おうかなぁ。

世界が安定するよ。

不思議があるだけで
何も無いのです。
そう、脳もないのです。



サンプル: