2019年9月16日月曜日

経済バランスシーソー


■インフレーション、デフレーション。
インフレ、デフレ。
バブルの景気過熱や景気縮小。

■この経済のバランスシーソーでは一旦傾くと、
国民はその傾きを一斉に下って行きます。

■インフレ、デフレどちらに行き過ぎてもダメなのですが。
真ん中でピタリと並行を保つのはほぼ不可能。
少しのインフレ、少しのデフレを行ったり来たりするのが理想です。

■その国民を誘導するために
政治は現在の傾きの逆側の施策を行う。
インフレならデフレ側の施策。
デフレならインフレ側の施策。
そうやってシーソーの傾きを変えて
国民を誘導する。

■もちろん行き過ぎるとダメなので
慎重になってしまいがち。

■チキンレースっぽいよね。
デッドラインはまだなのに
ビビってブレーキを踏んでしまう。
踏んでしまうだけならまだしも。
逆走してしまうという。

■今現在、日本はデフレ気味なので。

国民は消費を活発にして、
会社は社員の給料を上げて、
商品の安売りはせず多少高くても良い商品作りをするべき。

■なのですが。
国民は国民で
そんなのやったら死ぬ!
ってビビって

節約、
セール品しか買わない、
給料はダウン、
経費削減でリストラ。

で、ますますデフレ側に拍車をかける。

■なので政治には
「大丈夫ですよ〜」と言って欲しいのだ。

社会保障充実させます、
学費免除とかします
税金も安くしますから。

国民の皆さんは安心して消費して
景気を良くしていきましょうねー。

■とするべきところなのに
もうデフレは終わった気がするから
消費税増税しますー。
とか言うので。

え?なんで?
なんでなのーー!?

■とパニックになって。

節約、
セール品しか買わない。
給料はダウン、
経費削減でリストラ、
海外の安い労働力を使う。

と、どんどんデフレの不況の不景気に
国民みんなで一直線!

■えーー?!
ほんま、なんでなん?

■と言うわけで国民に出来ることは、
消費を活発にすることなんだけど。
それで瀕して飢えてしまったら元も子もないので。
もう、こう、あまり節約に寄り過ぎないところで耐える。
それぐらいしかないという。

■もちろん余裕がある人は出来る範囲で消費活動を活発に。
会社運営の人は出来る限りの給料アップ。

■それの背中を押してくれるのが政治のはずなんだけど。
何故か向かい風で押し戻してくるという…。


なんでやー!?

オタスケ!




極楽京都日記: 潜在的需要と供給 


極楽京都日記: 格差社会 



極楽京都日記: 平等主義者! 




同じ時間に雨は降る。


■なんか朝の通勤時間に雨降りそうかな?と思って出かけると
途中で雨が降り出す。ってことがよくある気がする。
そして帰宅時間にも、どうかな?雨降らないかな?と思っていると。
途中で雨が降り出す。ってこともよくある気がする。

■これは大勢の人間が一斉に外に出ることにより
地表の温度が上がり。
それが上昇気流となり。
水蒸気を含んだ雲が上空で冷やされ雨になるのでは!

■世紀の大発見だ!

…とか思ったけど
そんなことは無いみたい。

■人間が出す熱くらいでは雲とかできないみたい。
…コミケ雲?
まぁ、狭い範囲を囲えば可能かもしれないけど。
地球全体を暖めるのはやっぱり太陽の力だそうです。
朝からじわじわ地表が温められていって
夕方から太陽が落ちると冷えてゆく。

■つまり太陽に温められた地表の温度。
もしくは太陽によって温められた海。
海流ですな。
それらの温度上昇によって雲ができて雨が降ったりするみたい。

■真夏とかはその温度上昇が早いので
地表が熱せられて、
入道雲ができて、
それが昇りきって、
上空で冷えて、
夕立とかになるのね。

Heavy rain(夕立って英語でなんて言うのだろう?)

■普通の時は横の温度差で風が吹き移動して
冷たい空地は下に暖かい空気は上に、
って感じで上昇。
あとは山とかにぶつかって上昇。

■温暖化とかの話も
二酸化炭素の過剰排出で温度上昇のスピードが上がる。
ってのはあるけど。
クーラーの室外機の熱風くらいでは
太陽の地表温度上昇熱の足元にも及ばない感じか。

結論、太陽は熱い!


そうか、そして雨を降らすのは太陽なんですよねー。
不思議!




極楽京都日記: 2016九州旅行【写真】 



2019年9月7日土曜日

【ぐるり】太陽の塔【写真】

国立民族学博物館に行った時
空が良い感じだったので
撮った太陽の塔を
ぐるりと回っただけの写真。
ぐるり写真。
駅から降りると左側に…

居たーッ!!

み、見られてる。

ギロリ。

良い塔。

どっしりと構えてらっしゃる。

良いお顔で。

いや、お気になさらずに。

セクシー。

巨大な影が!

奴だーッ!!

この軽トラをビームで破壊してやろうか!

消え去った。

広い。

良い雲。

バックショット!

存在感!

背中で語る系。

脇。

ザラつく肌。

放つ光!

見上げることしかできない…ッ!

我は全てを包み込もう。

全て、そう
エブリシング!

この腕で、刺す!

グサリ!

逃げる気か貴様!

どこへ行こうと全ては私の手の中。
エブリシング!

さらばだ、小さき者よ。






国立民族学博物館 特別展「驚異と怪異」【2019/9】




なんか面白そうなので見に行きました。
これが最高!イエス!
写真撮影禁止だったので写真はないですが
(写真撮絵スポットは2点だけある)
ついついお高い図録を買ってしまった!なんてこと!

見終わった後、同じ入場券で常設展もいけるんだけど。
あまりの展示のパワーに圧倒されてやめておいたよ。
常設展は見るの半日がかりのやつだし。


いやー、しかしデザインが面白いのやら。
逆にヘボすぎてキュートなやつやら。
本当に恐怖を感じてしまう存在感の代物やらで。
大興奮でしたよ。

日本だと妖怪な感じですね。
河童のミイラとか人魚のミイラとか
幼き頃に本で見たアレだー!と大興奮。



人がよくわからない現象や、目に見えない何かを、
具体的に形にしようとした時。
それは知っているもののツギハギにななってしまうというのが面白い。
コラージュであり、寄せ集め。
本当にわからないものは描けないのだ。



とても良い感じだったホピ族のカチーナ人形
万物の精霊の擬人化人形って感じらしく400体くらいあるそうな。
とても面白い。
日本の八百万の神と似た感じなのねー。


あと、悪魔の面、デビルマスクの類が本当に怖かった。
写真で見るとそこまででもないのだけど
実物は異様な圧迫感があった。子供が一人で見たら狂う。
あれ?この歯、本物の歯を使ってないか?とか。


でも時々、あぁ、この村には
絵を描ける人がこの人しかいなかったのかなー、
なんて感じのまるっきり下手な絵とかもあって
いとおかし。

ブラジルの民話本?のタイトルがいちいち面白かった。
しかし図録には書いてなかったのでもっとよく見ておけばよかった!


ミイラの類はそのツギハギ具合がとても良いですよなー。
骨にツノ付けてみたり。
天狗のミイラとか初めて見た!
手足が鶏の足なの^
巨大ザメ、メガロドンの化石を天狗の爪だというのも、
そうかー、って感じ。


あ、そんで五十嵐大介が協力ってのを知らなかったのでビックリした。
新作絵もあったのだけど、普通にこの企画のエンブレムみたいなのもそうだったのかー!
良き!


まま、そんな感じで堪能しましたですよ。

ここら辺の不思議なデザインは盗んでいきたいところです^







“カチナ人形”を324点展示しており,“国内では最大のコレクション”です




















【映画感想】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド【Once upon a time in Hollywood】


■レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが出ていて
クエンティン・タランティーノが監督。
特に興味はそそられなかったのだけど。
思ったのとは違う感じの凄い熱量の感想がドドっと来たので観に行ったのだった。


■イエス!正解!

無茶苦茶面白い!

映画だ!

これこそが映画!

映画の中の映画!
真っ当な混じりっ気なしのパーフェクト映画ですよ!


■冒頭からずっと画面が映画みたいなんですよ!
いや、映画なんだからそうなんですけど。
まるで映画のよう、って思ってしまう。
いちいち画面がカッコいい、というか
カッコつけてる感じじゃなくて、
ジャストフィットしている画面がとても心地よい感じですかね?

なので全然退屈するシーンが無いんですよ。
話を進めるために必要などうでもいいシーンとかが皆無!
すげぇ!


■でも、タランティーノ監督作品ですから
なんか意味のあるような無いような会話シーンが延々続くわけですよ。
ずっと日常描写なんです。
なのに面白い!
なんで!?

■ディカプリオはそこそこ売れたけど最近落ち目の役者の役。
ブラピはその彼の専属スタントマン役なんですよね。仕事が無い。

舞台は1969年のハリウッド。
私はよく知らないですが。
映画に変わってテレビドラマが台頭してきた時代なんですかね?
色々変革の時代。

その時代の波に取り残されそうで焦る役者と。
上がり目の見えない冴えない立場だけど、
まぁなるようになるさ、と思っているスタントマン。
二人は仲良しでハリウッドに建てた役者の家で一緒に映画見て酒飲んだりしてる。


■ハリウッドの高級住宅地なので周りに住んでいる人たちも映画の成功者ばかりだ。
お隣に住むのはメキメキ頭角を現している新進気鋭の映画監督。
そしてその彼女は駆け出しの女優。
キラキラと輝くハリウッドライフ。
彼らを隣に見ながらディカプリオはうまくいかない人生に絶望し酒に溺れ自暴自棄になってゆく。


■そんな感じの対比される2つのハリウッド生活が
交互に描写されていくのよね。
男二人でウダウダとぐろを巻いているのと、
お金持ちのお友達を呼んで華やかなパーティーをしている所とで。

■なんてことはない日常の描写なのだが
なぜかジワジワと不穏な空気が漂ってくる。

町の端々で見かけるヒッピーの集団。
レールの敷かれた人生に反発するかのように
自由と平和と愛を求め仲間でコミュニティーを作り、
自然に寄り添いゆったりとした生活を望む集団。
そんなムーブメントがあった。

ウッドストックの野外コンサートとかあの感じね。


■そしてそんな中にシリアルキラー、無差別快楽殺人鬼として有名な
チャールズ・マンソンをリーダーとするピッピーの集団もあったのだった。
彼らは悪魔信仰的な想いに取り憑かれ殺人を繰り返してゆく。

その中のひとつの事件で女優のシャロン・テートが殺害される事件がある。

これは現実の事実として在る。

■そして映画の中に居る隣人の映画監督の彼女が
「シャロン・テート」その人なのだ。

そうか映画はその瞬間に向かって行くのか。
カウントダウンが開始される。
明るくきらびやかなハリウッドライフが描かれるほどに
黒い不穏な空気がもやもやと立ち込めてくる!
怖い!


■でも、ディカプリオは俺はもうだダメだ〜!とメソメソ泣いたりして可愛いし。
ブラピは夏の暑い中、屋根の上のアンテナ修理で上半身裸になっていたりするし。
犬は可愛いし。
子役の女の子もとってもキュート。
アル・パチーノは出てくるし
ブルース・リーも出てくる!^


■そんな中、ジワジワと恐怖の瞬間が近づいてくる〜
嫌だよ〜
やめてよ〜
あーもー、ブルブルブルブル。

■と思っていたら。
ラストに来て、

爆発するかのようなカタルシス!

テンション爆上げの展開!
まさか!?そうか!
そういうことかーーーッ!!
ウヒョー!
やったー!
おもしれぇーーー!!!
ゲラゲラゲラ!

タランティーノ!
あんた凄い!
ナイス!ユー!

That is movie.
This is movie.
You are movie.
We are movie in now.


■いやー、まさかこんなに幸福な映画になるだろうとは
思いも寄らなかったですよ。
ラストシーンとかもう限度を超えた暴力シーンなんですけど。
無茶苦茶良いシーンなんですよね。
はぁー、映画って素晴らしい。
人生って素晴らしい。
なんて思っちゃいましたよ。
マジでマジで。


■途中の伏線がラストで全部回収される。
というか昇華されるんですよねー。
ヒェー、とんでもねぇな。

大満足!