2018年4月30日月曜日

【漫画感想】男爵にふさわしい銀河旅行 速水螺旋人


連載はネットでも読めるので時々読んでいたが
いまいちピンとこなかったのだけど
単行本でまとめて読んで見たから
なにやら魅力的だぞ!
いったいどうしたことなんだい!?

そんなことろで
この漫画は「児童SF文学」なのだな!と
はたと気づいて俄然面白みが増したのです。


宇宙旅行が当然となった未来?
様々な惑星には様々な人種が住んでいて
宇宙はガヤガヤとごった返しておるのです。
そんなところでとある惑星の貴族のおぼっちゃまが
未来の花嫁を探してあっちゃこっちゃへの珍道中。


まぁ、あれです。
スターウォーズのあの銀河世界が
もうちょっとのんびりした感じの所
未来感と中世のヨーロッパとかロシア?が入り混じったような世界観。


旅を共にする執事のポンコツロボ。
強欲な支配者階級。
したたかな平民諸君。
ちょっとエロい女吟遊詩人も現れて
愉快な旅はヘロヘロと続くよ!


そんな感じでいろんな見知らぬ国へ旅する気分が味わえて
とても面白い気分なのさ。

田舎のボロい民宿を思い出したり。
船旅の独特の空気を感じたりするよ。
私は全然行かないからあれだけど、
海外旅行する人は「あるある!」って
思うんじゃないかしら?


全然異世界のスペースオペラなんだけどね。

まぁ、そんな感じで良い塩梅の漫画作品なのです。
めでたしめでたし。
続刊も楽しみ〜♪


WEB連載:





2018年4月21日土曜日

【映画感想】レディ・プレイヤー1【ready player one】


■なんか宣伝ではいろんな漫画やアニメのキャラクターが出てくるオタク映画だ。
みたいな感じで、
アレが出たコレが出た、みたいに言う人が多くて
う〜ん、私はそこまで詳しいわけではないから
やっぱり色々知らないと面白くないのかなぁ、
なんて思っていたけど。

全然違うじゃん!
この映画のキモはそこじゃないでがしょうが!
基本的にオタクであれば面白い!
というか別にオタクでなくても
自分はコレが面白いんだ!
と胸を張って言えるものがある人はグッとくる映画なのですよ!
ヤッタ!
生きていて良かったんだ!
イエス!
そんな喜びに打ち震えろ!


■今より少し未来の世界
科学技術は発展しているけど
現実の世の中はいろんな問題が汚泥のように積み重なり
そしてもうその悪い状況に慣れてしまって
抵抗することもやめてしまった人々。

唯一の楽しみはヴァーチャル世界の疑似体験で遊ぶこと。
そこに現実のしがらみは一切なく
思い通りの姿になり
思い通りの体験が可能なのだ!


■それはオタク向けのゲームだけではなく
一般人にも楽しめる総合エンタメ!
アイドルにだってなれちゃうし
映画の主人公になることも容易
スポーツで大活躍することもできる。

それがヴァーチャルリアリティワールド「オアシス」
そこには人生の楽しみの全てがあった!

あぁ、アレっすね「サマーウォーズ」のアバターで参加できるネット空間あったでしょ
アレの進化版みたいな感じっス。


■現実世界がクソなので
みんなほとんどそこに入り浸っているのね。
そこで使える仮想通貨も
そこで稼いでそこで使う
そしてうまく儲かれば現実世界で使うこともできるから
VRとはいえ成功すれば現実の勝利も得ることができてしまうのね。

■そんな中、数年前に亡くなってしまったこのVR世界の製作者ハリデー氏が
この世界に隠しゲームを残したと発表。
そしてその3つのゲームに勝利した者に
この世界の権利を全て譲渡する。
つまりゲームに勝てば莫大な遺産を君にやろう、というわけだ。

しかし、ゲームは超ムズい!
しかもそこで死ぬと今まで溜め込んでいたコインも装備も全部剥奪される。
ヴァーチャルな世界のゲームなのだけど
それは各自が人生と未来を賭けたゲームとなるのだ!


■そんな中、そのゲーム製作者の過去にヒントがあって
その記憶をたどってゆくのだけど。
もちろん製作者のハリデー氏はオタクだ。
ゲームや映画、アニメや漫画、いわゆるポップカルチャーに夢中になって生きてきた。

そんな人生のアレやこれや、
あの選択、あの時の想い
友情、恋人、仲間、仕事としての製作。
それらのことごとくが
なにかを好きであったオタクの心に刺さる。

そうだ、そうなんだよ。

全てはその部屋から始まったんだ。

君のその部屋さ。

なんて感じでいろんな「関係」にグッときてしまうのよなー。


■そんでヴァーチャル世界が発展しすぎると
お金のない人はヴァーチャル労働をしなければならなくなるとか面白い。
ヴァーチャル世界で一儲けしようという会社が
ゲーム世界なのにサラリーマン世界になってしまうのは皮肉。


■VR世界で何を得て
大切なものはなんだったのか。
あの頃僕らが楽しんでいた気持ちは
どんなものだったのか。

漫画、アニメ、映画好き。
しかし特にゲーム好き、
そしてゲームクリエイターの人には無茶苦茶刺さる映画だと思いますよ。

こうでなくっちゃ!

そして、そうではないと思ったのならば
君がそうしろ!


イェイ!
ヤッタネ!
生きるぞ!
突っ走るぞ!
そして火曜と木曜は休みだ!^^







2018年4月17日火曜日

イボ治療の方法


以前から2、3個小さなイボがあったけど
小さい頃から出ては消えてとしていたので放っておいた。
小学生くらいの時に一度治療をした気がするが
あまり覚えていなかった。

それがここ最近、追加で2、3個増えたので
一度病院で診てもらうとやって来たのだった。

まぁ、事前に調べていたので
「液体窒素でイボを焼く」というのに興味が出てしまったわけだ。

やって来たなら治療は簡単
少しの問診の後
そのまま手術室とかにいくまでもなく
その部屋で椅子に座ったまま
先生が小瓶に入った液体窒素を綿棒に付け
患部に押し当てるッ!

ジュワッ!!

焼ける肌!
というかいわゆる低音火傷になるわけですよね。
それでイボのウイルスを殺すんだそうな。

一瞬白くなるけど。
思ったほど痛くはない。

このまま後はしばらくしたら内出血してそれがカサブタになって剥がれたら
だいたい治っているそうな。

簡単!

へー、こんなもんか〜。
と病院を後にすると
時間差攻撃でジンジンと痛くなって来た。
まぁ、我慢できないレベルではないけど。
意外とキくぜ!


それで2週間後。

小さいイボは一発で消えたけど。
大きめのやつは何回かやらないとダメっぽいので。

現在3回目くらい通っています。

一番大きいのがしつこい。

あと、イボウイルスが住みやすい体とかもあるみたい。
住み良い体!
ナイス!
ナイスじゃない!


詳しい話は↓ここら辺で



極楽京都日記: 病気の治し方。


極楽京都日記: ネガティブを治す方法

極楽京都日記: 座り仕事

2018年4月11日水曜日

カーリングポンポコ


ピョンチャンオリンピック
カーリング面白かったですね。
すごく「ゲーム」って感じで見てても楽しい競技です。
しかしあれ解説の人が良いともっと面白くなるので
もっと専門家で喋れる人増えて欲しいですね。

絵は特に意味はありませんよ。
ヤップ!
ヤップ!ヤップ!




「メガネ先輩」って誰?カリスマ大爆発のキム・ウンジョン選手が話題に カーリング女子・韓国代表 











2018年4月8日日曜日

【動画】口に出すと口が気持ちよくなる言葉乃歌2&変な歌。

まぁ、変なことやってるなぁ、とでも思っていてくださいな。

いんしゅうしんかんぎごしょくなんぼくちょう。
ヴォルフガング アマデウス モーツァルト。
文化庁。
プラスチックがバラバラ。
This is witch time
納豆の歌。
ティキィキダウンダーン
メロディー。

漫画はここら辺から↓
WEB漫画【新作更新】「口に出すと口が気持ちよくなる言葉」55





以前の声ネタ。





もうちょっと↓ちゃんとした曲はこちら

2018年4月2日月曜日

【エッセイ漫画】「大家さんと僕」矢部太郎【感想】


お笑い芸人コンビ「カラテカ」の
あーいえー
おーいえー
俺、入江ー!
の入江じゃない方の人のエッセイ漫画。

都内の格安物件を探していたら
一軒家の2階を賃貸という物件を発見
一階は大家さんであるおばあさんが住んでいるという。
迷ったがそこに決めて暮らしていくと
その大家さんが色々関わって来て
なんだか愉快な日常になって行くという
エッセイ漫画なのです。


漫画自体は素朴な絵柄で
でも基本的なところはガッツリしっかりしていて
さらにお笑い芸人さんであるからなのか
話口調が滑らかで
スルスルと読めてしまう。


引っ込み思案で押しが弱い感じの印象だけど
ちゃんとそれを自分で客観的に見ていて
臆病な優しい自分を演じているけど
自分の損得しか考えてない嫌なところを発見してしまったり
本当なら言わなくてもいいことをどんどん書いてしまうのは
やっぱり芸人さんのサガなのかなぁ、
とか思ったりもする。


まぁ、何はともあれ
大家さんであるおばあちゃんが面白く豊かな人なで
とっても楽しい漫画なのです。

一人暮らしでお金には不自由の無い
セレブ的な第一印象なのですが、
いろんな仕事を経験して来たり
戦争中は疎開してひもじい思いもしたりと
やはり年寄りは年寄りだけの
人生の厚みがあるのだよなぁ、と大変に嬉しい面白さなのですよ。

というかちゃんと女の子でカワイイのですよ。



矢部さんと大家さんの人生の隙間を垣間見れたようで
とても楽しい良い気分なのです。

あぁ、人間って良いなぁ。
なんて素直に思えちゃう。

おっほっほ。
良い感じでございますよ。