2016年6月2日木曜日

思考


■学校の勉強とかは普通にしていたのだけど
思考、考えるということを
ほぼしてこなかった自分に
ふと気付いて愕然とするわけですよ。

■逆に、なぜ勉強をするのかというと
考えなくて済むからですね。

こういうときはどうしたらいいのかと迷ったとき
人類の長い歴史の中
誰かが既に見つけた答えがあるはずだから
それを探して読み解けば
答えは見つかる。

つまり勉強とは楽をするためのものだったのですね。
でも、それすらやりたくない人が多いのですから
「思考」するなんてのは、
ほとんどの人がやらないのです。

■では「思考する」「考える」とは何なのか?
それは、自分の意見を持つ
そしてそれが正しいかどうかを
調べて立証してみる。
それだけです。

その時に、別にその考えが間違っていても良いのです。
調べてみてやっぱり違ったなー、という結果になっても
それはちゃんと「思考」出来ています。

■しかし最近は皆さん
「間違えたくない」
「正しい答えを早く知りたい」
ってのが性根に貼り付いてしまっていて
それは「思考」には凄く邪魔です。

「間違えたくない人」は自分の意見を言わないです。
言わないのなら間違うこともありませんしね。楽です。

「正しい答えを早く知りたい人」は他人に答えを求めます
そして自分が正解だと思うモノを、
なんの精査もせずに
正解だと決めつけます。
なぜなら、そうすると心がスッキリするからです。
問題を解決出来た気分になります。
そしてその答えは他人が考えたモノなので
責任も取らなくてよいから楽なんですよね。

■よくあるのは
「私はよく知らないけど、テレビで偉い人が言ってたらあの人が悪いんでしょ?」
みたいなヤツですね。

考えなくて、結果が出るので、とても楽です。
そうです、思考をしないことはとても楽です。

だから、そんな人を騙すのはとっても簡単です。


さぁ、大慌てで思考をしましょう。
楽ではないかもしれませんが、
楽しいですよ。

極楽京都日記: 勉強をする理由 


極楽京都日記: 魂の命題。 

極楽京都日記: 集団創作のパターン

0 件のコメント:

コメントを投稿