2014年2月1日土曜日

メロディーは有限か?:音楽

メロディーは尽きない。

■音楽は有限なのではないか?
モーツアルトの時代から延々と音楽は作り続けられているだから。
良いメロディーというのはもう出尽くしてしまっているのではないか?
それを作曲技術でごまかし延命させているだけで。
もう新しい音楽は生まれないのではないか?

■そんな、感じの「杞憂」が思い出したかの様に定期的に出て来るのを見る。

答えはまさに杞憂である。
心配する必要は無い。

もちろんメロディーは音の組み合わせであるから
有限である。
しかし、それは「宇宙は有限であるのだから小さい」
と言っているようなもので
それはほぼ無限にしか見えない様な、大量の果てが見えない有限である。

■こういう事は有限だから、限りがある。
と短絡的に考えてしまいがちだ。
例えば、君が今日やるべき仕事は5億個あると言われれば。
それはもう無限で、君は出来る訳が無い!と言うだろう。
しかし、5億とは数であり有限な、果てのあるものである。

■違う例えでは
そう、「絵画」とかはどうだろう。
絵画も音楽と同じくらいに延々と描かれ続け、生み出され続けてきたものだ。

「美しい絵はどこかで、出尽くす」だろうか?

答えは、ノーだ。

■気付き始めたかもしれないが、
音楽も、絵画も、それは
「感動」が有限であるか無限であるか。
という話になってくる。

人間の感動は有限なのか?
無限なのか?

私は無限ではないと思う。
しかし有限であるが、
私が生きている間にその全てを体感することはできないだろう。

むしろ足りないのは時間の方だ。

■メロディーと感動は溢れんばかりに潜んでいる。
なにも心配することはない。
そんな杞憂をしている間に、
探し出しに出かけよう。
扉を開けて。
歌を歌おう。



 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿