2014年2月16日日曜日

愛国心?

■ソチオリンピックの開会式を見た。
その中にロシアの歴史を描いた演出もあって。
それを見るとロシア&ソ連カッコいいじゃないの。
と思ってしまえる。

■というかよく考えると
嫌いな国なんて一つもないんじゃないだろうか?
歴史で振り返ると、どこのどんな国だってカッコいい。

中国を嫌いな人が三国志は好きだってことはあるだろうし。
ナチスは最悪だがドイツ国民はどこよりも規律正しい民族であったりする。

■もちろん逆を言えば
どこのどんな国だってダメな時代はあったということだ。

だが、必ず良い所もある。

■国でなくとも人もそうだ。
人にだって歴史はあるから
アイツもソイツも最悪な瞬間はある。
しかし、そして、最終的には誰もがカッコいいのだ。

ヤッタネ!

0 件のコメント:

コメントを投稿