2014年2月9日日曜日

ツイストーリ304:朝霧:Morning Fog


ツイストーリ304

■朝霧

朝、ドアを開けると霧が世界を覆っていた。
2メートル先も見えないくらいだ。
幻想的ではあったが怖くもあった。
もしかして、これは夢ではないか?と思った所で、男の意識は霧の中に入る。
それは小さな羽虫。
その毒虫であるそれが大量発生し、
まるで霧のように見える事があるという。

■Morning Fog

Morning, I open the door. Fog covered the world. 
It's not much visible than two meters away. 
It was the fantastic, but was also scared. 
I mean, this a dream? Moment when I thought, consciousness of man and into the fog. 
It is small flies. 
It is the venom insect is mass generation, 
There is a thing that looks like a fog.


#twnovel 
ツイストーリーまとめ 
@marioujiさんから

0 件のコメント:

コメントを投稿