2016年5月26日木曜日

コミュニケーションのスピード


■なんか作家さんとかが
ツイッターでの読者との対話に
必要以上に完璧さを自ら課していて
いやそこは本職じゃないし、お金を取ってるわけでもないんだから
適当にやればいいんですよ〜。
と思うのだが。
それでもやっぱり可能な限り最高で最上の返答をしたい。
と思われている感じなのね。

だから、それは本職の作家活動でやれ!

と思うわけなのです。

そこが自分のコミュニケーションのスピードに適した場所なのだから。

■まぁ、まれにどこでも力を発揮出来る人もいますけど。
大抵の人は苦手と得意の場所があります。
私なんかはリアル会話と、文章会話のちょうど中間辺りの
「チャットでの会話」が一番しっくりきたりしたので。
人に寄り様々なのですよ。
まずは自分の得意、不得意を確認して。

自分の意見を通したい時は
自分の得意な場所で話せば良いし。
相手の話を聞き出したいのであれば
相手の得意な場所を知る必要がある。

詐欺をするために相手を騙くらかしたいのなら
これの逆をすれば良い。

■なので会社とかのリアル会議は一度ネットでやってみると
まったく動きが変わって面白いと思いますよ。

「なんでそんな良いアイデアを持っているのに言わなかったんだ!」
「いや、言おうと思ったときはもう違う話題に進んでいたので」

なんて感じでね。
極楽京都日記: 相対性理論の使い方 


0 件のコメント:

コメントを投稿