2016年5月21日土曜日

日本伝統工芸近畿展

無料招待券を貰ったので
高島屋に見に行ったよ。



普段ならそんな興味がないものなのですが
意外と面白かったです!

陶器、着物、人形、小箱的な小物
なんやらの最先鋭のモノらしい。

これが面白いのは
私が最初印象に思ったのが
「CGみたいだ!」
ということなのね。
コンピューターグラフィックスみたいなの、
手作りの工芸品が。


変な話、CGデザインとかで行き詰まってしまった人は
こういうの覗いてみると良いかもですよ。
とても気持ちの良い快感があります。


まるでCGのような精細でプログラムパターンのような紋様が
現実の物体としてそこにどっしりと存在する様は
なんだか笑ってしまうほどに
愉快な体験です。




なんか本当に「スゲー」って感じなのよね。
面白い面白い。
京都での展示は23日(月曜)までなので気になったらさらっと行って見るのが吉。
全国巡回してるみたいな感じなのかな?

入場料500円
あと別口500円で名工の器でお酒が飲めるコーナーがあったので
車などでは行かない方が良いかも。

追記:珍しさ、技巧、美しさ、この三点のバランスですね。


5月18日(水) → 23日(月)

0 件のコメント:

コメントを投稿