2014年5月2日金曜日

マジカルシェフ少女しずる(水あさと):おすすめ漫画

マジカルシェフ少女しずる:水あさと

■「弁当」その技術と練度が飛躍的に上昇した現代。
この世の全てが「弁当」によって決められる時が来た!
弁当を上手く作れる者が勝者であり
弁当の美味しさことが正義なのだ!
そう、世はまさに大弁当戦国時代に突入したのだッ!!

■とかいう、アレですね。
「ミスター味っ子」みたいな
最近だとジャンプ「食卓のソーマ」みたいな。
料理バトル漫画、でありながら、なにかギャグの様になっているあの感じ。

それをさらにブーストさせて
大マジメにギャグをしているというか。
愉快な大好き漫画です。

■最近ギャグまんが、って面白くないのが多い気がするんですよね。
どこが面白いのかは理解出来るんだけど、読んでる私は能面の様な顔で見てる、
ってのが多い。

その中でめずらしく、「しずる」は声を出して笑ってしまう漫画なのです!

ちょー楽しい。

■初めは王道に弁当専門学校で先輩とバトル
生徒会長と行方不明の母の情報を知るためにバトルだ!
みたいな定石(?)の感じで
それもまたテンポ良くガンガン進んで
四天王が現れた!
なんだってー!
ふふふ、しかし私の後ろにはまだまだ…
そ、そんな!
正体はあなただったのですかー!

あたりもまだ序盤

世界弁当大会などは当たり前、
宇宙に飛び出し
魔王が登場
異世界からの侵入者が!
ど、どうすればいいんだーー!

ふふふ、私は弁当観念。

観念が実体化したーーッ!!

もちろんここまで全部「弁当」の話ですよ。

あと弁当サスペンス推理モノとか
普通に?弁当恋愛ゲームモノとか
弁当カードバトル、デュエル対決とかも
あるよ。

どうだ!
わけがわらないだろう!
そんな怒濤の展開が全三巻に収まっております。

■とても楽しいのです。
ギャグなんだけど、
漫画の登場人物は普通に大真面目に、
世界に弁当で立ち向かっているのです。

いや、本当作者の水あさとさん
この人のギャグセンス最高なのですよ。
大好き!
そしてこの人めちゃくちゃ絵も巧いのですよ。
Pixivで見たことあるって人も多いのでは?



ギャグ漫画は時に大真面目に巧い絵で描けば描くほど面白味が増すってのもありまして。
クロマティ高校とか劇画風の顔でギャグとかあの感じで。
水あさとさんはカワイイ絵柄なのですよね。
それでしっかり面白いのだから
腰砕けにたまらないのですよ。
島本和彦漫画とか好きな人も是非!
ある意味熱血なのです。

怒濤のギャグ!

って言葉がしっくり。

■2巻のオビセリフが

「弁当は、人殺しの道具じゃない…!!」

当たり前やーー!!!
って叫びたくなるほど(笑)

脳髄ふっ飛ばし宇宙まで行くような極上の漫画を読みたければ
是非是非!




■あ、そして作者の別作品「デンキ街の本屋さん」がアニメ化決定だそうで
おめでとうございます!



「しずる」の方はTRIGGERがアニメ化してくれないかなぁ、とひっそり思ってます。
ガイナックス的怒濤感なのですもの。



これは2006年イベントの為に作られた自主制作アニメ、キャラクターデザインが水あさとさん。

あと昔、河原でTo Heartか何かの美少女キャラを「油絵」で描いていた。
という記憶があるのですが。画像どっかにないかなー。

0 件のコメント:

コメントを投稿