2014年10月23日木曜日

京都の時代祭 前編

■京都の時代祭。

京都の歴史を振り返る感じで当時の衣装を着た人達が行列となって練り歩く行事で。
京都に住んで長いのだけど、一回も生で見たこと無かった。

■まぁ大抵平日にやってたりするので見に行けないってのもあるのだけど。
テレビやニュースの写真で見る限り
そんなに大したもんでもないでしょ?
とか思っていたのだが。

■実際見てみてると面白い!
どこで見ようかと、始まりの京都御所に行ったのだが。
行列の衣装を着た人達が、時間待ちでお弁当を食べたり準備をしたりで
京都御所のなかをうろうろしてるのだ。

■なんだこれ?なんだこれ?
御所内だからまわりの建物もそれっぽいし。
「おい、ここは何時代だ?」
と言いたくなるような面白さ。
いや、変な話、コスプレとかしてる人は大興奮のイベントだと思います。

■しかも衣装は専門家の完全監修で本物の職人による細部までの完全再現!
当然のごとく金もかかってる!
ナイス!そうでなくては!
楽しいことにお金をかけるのは正義!
超楽しいのです!

そんな感じでとりあえず行列の行進が始まるまでで
大量の写真を撮ってしまったのでとりあえず。
始まるまでの写真群です。


異世界!^^




参勤交代っぽい。



若者が似合うのですよ〜。



お弁当もしゃもしゃ。



そうそう途中で気が付いてハッとしたけど、着物に「メガネ」が似合う!
この時代にメガネは無ぇよ!なのに似合う!
メガネを中心に写真を見ていっても面白いぞ!


まだ準備中なのでスニーカー。これもまた良し!


おっちゃんも着物着るとええ感じになる。


普通にこういう奴ら居たっぽい気がしてくるのだ。



風景に馴染む!


なんだか愉快!





下っ端衆^^



中間管理職あたり。


商人っぽい。


妙な貫禄。


な、メガネ馴染むやろ?



かわいい。


とてもかわいい。


貫禄&馬糞



維新チーム、銃カッコいい。種子島じゃぁ〜。




その時代に絶対こういう人居た。


従う若者、たくらむ若者。


手慣れた熟年。


ぽぽぽん。





つづき!→時代祭中編







0 件のコメント:

コメントを投稿