2013年12月28日土曜日

ツイストーリ297-298:老人、叙情


ツイストーリ297

■老人

長年連れ添った犬が死んでしまって悲しい。
かと言って新しい犬を飼っても私の方が早く死んでしまうだろう。
なのでロボットの犬を作って欲しい。
そうお願いされた科学者は犬を作った。
ほどなくして老人は死んだ。
ロボットの犬の電源を切るべきだが、
科学者は老人のロボットを作った。

■ Old man

The old man said that the dog which he had been keeping for many years died.
Who I would die soon even keeps a new dog.
So I want you to make a robot dog.
Scientist have been ask so he made the dog.
The old man died soon after.
Although he should turn off the power to the robot dog,
Scientist have made ​​a robot of the old man.

ツイストーリ298

■叙情

この町にはロボットの犬とロボットの老人が散歩する風景がある。
愛する人がいなくなるのは悲しいものだ。
死はあまり目につかないが日々繰り返される。
それならばと、死んだ人の代わりにロボットが作られる。
今やこの町の住民は皆ロボットだ。
もちろん科学者である私も既に、そうだ。

■ Lyrical

There is a landscape of robot old man and robot dog to walk in this town.
It's sad that no longer have loved ones.
Death is less visible, but every day repeated.
And if it, the robot is made in the place of the dead man.
Residents of this town's all robot now.
Of course, The scientist also likely already.


#twnovel 
ツイストーリーまとめ 
@marioujiさんから

0 件のコメント:

コメントを投稿