2015年12月19日土曜日

「姫さまは退屈をしらない」(こう1)【漫画感想】

■やぁ、漫画感想と言いつつちょっと感想はあまり言わない感じでひとつ。

というのも作者のこう1さんは
お知り合いというかお友達で
ネットやらコミティアやらでなんやかんや長年の交流があったので
そんなこう1さんの単行本がイキナリ出てビックリで
そして嬉しい!
凄く嬉しいのです!



 ■いやー、こう1さんは昨今のWEB漫画ブーム以前から
けっこう人気の作家さんだったのだけど
漫画雑誌に方にはなかなか行かなくて
読み切りとかチラチラ載ったりなのだけど
何かしっくり来ない感じがあったのね。

WEB漫画と紙の雑誌の違いとかも確かにあるし
それなのかなー?とか思っていたのだけど

■この「姫さまは退屈を知らない」
様々な歯車がガッツリと噛み合った!


こう1−!
君の描く漫画はこれなのだーーッ!!!
すごくしっくりと馴染み
彼の力が存分に発揮されているーーッ!!
ひゃっはー!
すげー、これだ!この感覚なんだよー!!!





■と、作家と作品のマッチングがスッポリ合わさったのを
まざまざと感じたのでした。
そうなんだよー、漫画家はなんでも描けるわけじゃない。
自分のスタイルで自分の描けるものしか描けないんですよー。
だけど、そこを発見出来れば誰にも負けない最強の漫画が描ける!

その瞬間を見れたので凄い嬉しかったのですよねー。



■この漫画もネットで出して
コミティアで同人誌として売って
それがあるときネットで火がついて
累計閲覧数100万回!?
そして出版社の人から本にしません〜?とのお誘い。
みたいな感じなので。
いちファンとしても
地下アイドルの成長を見守るお父さん気分で
幸せ満天なのです。

いやー、よかったよかった。



■あと、同時期くらいにこう1さんが描き出した
「艦むす」の2次創作同人
この人それまでコミティアの創作畑一直線だったのに
ガッツリハマって「那珂ちゃん一筋人間に!」
しかも、これも姫さまと同じく、
彼の漫画スタイルにピッタリ
その力を限界以上に出し尽くせる漫画となったのでした。

おもしろいなー。




■漫画家目指している人とか「自分のスタイル」を発見することは
異常に良いことで有効なことなのですよー。
そしてそれは意外と
「描きたいもの」や「なりたいスタイル」と違うこともままあるので。
なんとなくちょっとでも面白そうだと思えば
描いてしまえば良いと思いますよ〜。

良きかな〜
良きかな〜。








0 件のコメント:

コメントを投稿