2016年1月16日土曜日

無意識の条件


これありますよねー。

■言わないのは
言ったら断られるのが分かっているから。

■何故断られるかと言えば、
何も根拠のない
自身の理想の妄想であるから。

■精査されることもなく
誰にも見せない基準だから
それが正解であるわけはないんですよねー。

■それでも私のこの基準は正しいはずだ!
というのならちゃんと言葉にして
言ってくれればいいんですけどねー。

言わないんですよねー、かたくなに。

以上を繰り返すので
永遠に失敗を続けるループなのです。

■さらに、結果ダメだったときも。
自分の基準が間違っていた、
とは思わないから。
その根は深いのです。

違う理由で失敗したはずだ。
なんて言い出すから。

無限の失敗のループなのです。

■せめて私を巻き込まないでくださいね。

 



0 件のコメント:

コメントを投稿