2016年1月25日月曜日

【ゲーム】僕は森世界の神になる【レビュー】

vitaで出たのかな?
それがiPhone&アンドロイドでも発売したので
前々から気になっていたのもあってサクッと買ったのであった。



やってみた、
そして楽しいー!
私的に大好きなタイプのゲーム。
絵の感じも好きー。



ライフゲームみたいな生命が勝手に誕生して
増殖して他種族を食べたりむしゃむしゃ。
おおざっぱに植物と動物がいて
基本見ているだけなのね。
神の目線で。
で、神が出来る事と言えば
それらをたわむれにプチプチと葬り去ることだけ…。
怖い!
でもそんなに怖くなーい。

殺すとその死骸が肥料となり養分となり
これから生まれて来ようとする生き物のエネルギーになるのね。



そのエネルギーが多ければその生物は新しい姿へと進化するのだ!

新しい世界の誕生には無数の死が関わっている!

言葉だけで聞くと重々しい感じですが。
そこらへんをサクッとポップに描いているので
たいへんよろしい。

生命操作の気分でゆったりと楽しめるのです。

そしてのんびりダラダラやるゲームかと思ってたら
ミッションがあってそれをクリアーしていく感じなのね。
めんどくさーい、と思っていたけど
これがやってみると絶妙なバランスで面白いのであった。

ナイスゲーム!



あ、これはパソコンでもできるのかな?(というか元はここなのね)






0 件のコメント:

コメントを投稿