2016年8月1日月曜日

【映画感想】シン・ゴジラ観て来た

特に特撮好きではないし。
ゴジラもほとんど見たこと無いし
むしろ海外のゴジラしか見て無い気がする。
あと北村龍平ゴジラ。
まぁ、でも庵野監督は好きだし。
なんかやたらまわりで絶賛されているし。
とりあえずさっさと観に行っておくかー。

と、行ったら凄く良かったですよ!
あぁ、もう!悔しいくらいに良かったですよ!
もーー!!

なんというか振り返ってみると
9割おっさんの顔しか写ってないんですが、
それなのに面白いという。
なんでだー!!



ロボットアニメから
ロボットと少年少女を抜いて
それでちゃんとカッコいい映画作ったらこうなったって感じで。



そうなんですよねー、
大概の映画では自衛隊はかませ犬扱いなんですよ。
でも現実は自衛隊が最終防衛ラインですからね。
頑張るしか無いわけですよ。


そんなわけで自衛隊やら内閣やら官僚やらが
やたらめったらカッコいい!
だって巨大ロボや正義のヒーローが救ってくれるわけではないのだから。
彼らがやるしかないのです!


そして日本映画にありがちなお涙ちょうだいな薄っぺらい感動とか
権力に対する不満をグチグチネチネチ言うシーンをすっぱりカットしていて
大変心地良かったです。
そんなことより前に進まなくてはならないのだから!


最初のあたりは
背景の切り取り方がいちいちカッコ良くて
まぁ、エヴァのあの感じなんですけど。
構造物が整然と奥行きを持って並んでいるあの感じ。
何でも無いシーンなのに、こうすればカッコ良くなるのかー!
なんて驚きの連続。



そしてゴジラの造形も予告編とかで見てたのと違って
あぁ、こう来たかー!
すげー!
怪獣なのに凄いリアリティがあるんですよねー。



そしてほとんどのシーンが会議室での作戦会議なのですが
それがどんどん真に迫ってくる。
むしろだからこそ戦闘シーンが日常とは異質なものだと理解出来て、
本当に日本が、東京が攻撃を受けて
危機におちいっているのだと感じられてしまうのでした。

まぁまぁ、そんな感じで
普通に面白くって
大興奮で
やられたー!
と地団駄を踏む感じで
面白かったですよ!
もーー!!

自衛隊の各戦闘機シーンとか
米国のプレジデントとか
ビル破壊とか
新幹線がウルトラマンだったりとか
やりたい放題で楽しかっただろうなー
とか思っちゃうし
それが全力で良い方向に映画になっているので
たまらんのですよ!

ズルイ!


島本先生の観て来たよ!チクショー凄かったよ!の連続ツイートは
見ると観に行きたくなるよ^
@togetter_jpさんから





あれ?新幹線がアタックするときにジュワッ!って
ウルトラマンの声が聞こえたのは気のせいだったのかな?

ピエール瀧が「目だ!目を狙え!」って言いそうだった。

最初、竹野内豊を安田顕だと勘違いしていた。声が似ている気がする。

前半は特にずーっとニヤニヤしながら見ていた。
主にCGなのだけど、ところどころミニチュアの特撮をやってるのな。

あと総理大臣が決断迫られるのプレッシャーだなぁ^

久しぶりにパンフレット買おう!と思ったら売り切れてた!

物事を動かそうとするならばコネは大事なのなー。






0 件のコメント:

コメントを投稿