2016年4月14日木曜日

逆マーケティング


「CMを見て欲しい物を探す」じゃなくて
「欲しい物があったらそのCMを見てみる」なのです。

何か欲しい物があったとき
それが本当に自分に必要なのか?
買ったあとでやっぱり買わなければ良かったと後悔はしないか?

そんなときに
その商品の解説書を見たり
アマゾンのレビューを見たりするよりかは

その商品のTVCMを見れば一発で自分と合っている商品かどうかはわかる。

なぜならTVCMはその商品を買ってくれそうな人に向けて作っているからだ。
その人の好みに合わせて
その人のセンスに合わせて
その人の理想のカッコ良さ、可愛さを演出してくれている。

なのでCMを見て
「なんか良い」
と思ったならば
高確立でその商品はあなたにピッタリなものになるはずだ。

なので
欲しい物があれば
そのCMを見ろ。
ということ。

順番を間違えないように
CMを見て欲しいかどうか考えるのではない。
欲しい物があったら、そののちにCMを見るのだ。




0 件のコメント:

コメントを投稿