2018年1月21日日曜日

メールの返信が速い人は考える時間が長い


「メールの返信が速い人は考える時間が長い」
なので
「メールの返事が遅い人は考える時間が短い」
ですね。

簡単にいうと「後でやる」は愚策!
結局他のことにかまけたり
だらだらと日々を過ごし
なかなか後ではやらない!

それどころかそのことを忘れていたりする!

それが個人的なことなら良いが
相手のある仕事だと
あなたのその適当な行動で、
相手の時間を無限に奪い続ける!

この泥棒野郎め!

なので私はメールを受け取った瞬間に何かしら返事をすることにしています。
受け取って数分で何も考えつかなかった場合は
「とりあえず今週末くらいまでに何か返事します」
と、日時を指定して返事をします。
そうするとその日を過ぎて私が返事を忘れている場合でも
相手が「あの件どうなりましたかね?」と訊ねやすくなります。

■それを何も返事しないまま、無言で放置していると
相手側は「もしかしてちゃんと届いてないのでは?」
などと不安がどんどん増していきます。

信頼している場合だと
「ははぁ、2週間も返事が無いということは、どんどん具体的に話が進んでいるんだなぁ」
とこの案件は成功に向かってズンズン進んでいるのだと思ってしまいます。

■そんな時に
「すいません、忘れてました。上司に聞いて見ましたけどやっぱりダメでした」
なんて返事が返ってきたものなら
そのショックは計り知れなく。

あなたの評価は下がるどころか
マイナスに転じます。
「あぁ、この人はいい加減な仕事をする人なのだな」
そう、思ってしまいます。

まぁ、とりあえず相手の時間を奪って
なおかつ自分の価値を落としてしまわないように。

メールの返事はお早めに。

とりあえずの返事を瞬間に出しましょう。

■あと、私のメールチェックの頻度は
「1日1回」
「金土日は見ない」
としています。

このメールチェック頻度もお互いに確認しておかないと。
「携帯と連動して随時チェックしている」人もいますし
「1週間に1回しかチェックしない」人もいますので。
その事前確認も重要ですね。

やれやれだぜ。


極楽京都日記: 説明力知性 


極楽京都日記: 極楽京都日記6.1:理解 

0 件のコメント:

コメントを投稿