自動

2018年1月13日土曜日

【映画感想】キングスマン〜ゴールデンサークル〜【#kingsman】


英国の秘密組織。
イギリスなので紳士的でスーツでビシッと決めている。
なので正義で真っ当に楽しいのかといえば
何かゲスさが混じり合う奇妙な映画なのです。


というか基本的に解決策が暴力ですからねー。
なんだろう子供の天真爛漫な正義の味方ごっこを
大の大人が全力でやってる感じなのです。
もう基本、殴る殴る、撃つ、殺す!


マンガチックでありながら
人間の欲望をガッチリ描いている気もします。
悪の組織的な人たちが出てくるのですが
彼らの躊躇のなさが実に爽快です。
決断早いし、実行力は高いし、しっかり結果を出す。

その悪の有能さにキングスマンの組織は
あっさり滅ぼされかけたりもするのです。


そして舞台はアメリカへ。
イギリス映画だからちょっとアメリカをバカしたような扱いになるのかなー?
とか思ったけどアメリカはアメリカ流の礼儀があるのさ!
って感じでこっちはこっちでカッコいい!

そんなカッコいい奴らがタッグを組んで
悪い奴らのところに殴りこみだ!


ドンドンパンパン!
豪快なアクション!
死ぬ殺す、死ぬ殺す!
もう事の良し悪しなんぞの感覚は地平の彼方に。

そして現れるエルトンジョン(本人!)がすっごい活躍をするのです!
個人的に彼の活躍が一番良かった!^


なんつーか毒があって
クセがある映画なんですが
わたし的には大好物なので
終始ニヤニヤしながら観ていましたですよ。


もちろん感情的な話もスルッとありますし
真っ当な映画だと思います。
盛り上がるぜ!


カントリーロードで帰りたい場所はどこなのか?
アメリカ組織で黒人の女性がメンバーに選ばれるところとか
ニヤリとしますねー。


良きかなー。

あー、
英国でキングスマン
米国でステイツマン
次回作は
日本でサムライマン
とかやらねーかなー^


あと、前回で死んだと思った人が実は生きてました〜展開なので
今回死んじゃった人もきっと生きているはず!
ミンチ以外は^

ハンバーガー食べたい。



映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』エルトン・ジョン特別映像



 #電脳マヴォ

0 件のコメント:

コメントを投稿