2018年8月25日土曜日

【映画感想】ペンギン・ハイウェイ【#penguinhighway】


■あらあらあらあら
こいつはどうして
とても、とても良いものですよ!
どうしたことやら、もう!


■小学生男子。
とても賢い天才少年。
「僕は賢い、将来はきっと偉い人になるだろう」
なんて自ら言ってしまうほどだ。

そんな彼が主人公。
学校の勉強はもとより
自分から様々な疑問を研究調査している。

歯科医院に努めるお姉さんのことにも興味津々だが、
日々多忙な研究に余念がない。

あまりにも疲れた時には
お姉さんのおっぱいのことを考えると
心が落ち着くので皆もそうすればいいよ。
なんて感じのことを真顔で答える
とても可愛い少年だ。


■映画としてはドラえもんの映画版とか
ジュブナイル的な少年冒険SFを骨子にしているのだが、
そういう物語にありがちな
主人公はごく普通のどこにでもいる少年。
ではなく、前述の天才少年が主人公なので
この物語は奇妙になってゆく。


■彼を物語の中心に置くので
周りの人物達もいささか
定番のキャラとはズレてゆく。

極め付けはそのお姉さんだった。
年上の優しいお姉さんキャラなんでしょ?
とか思っていたら
彼女が一番の曲者で
突拍子もなく
それでいて
一番魅力的な人だったのだ。


■そう、変な人ばっかり出てくるのだぜ。

なので、とても楽しい。

変な人の総本山である
原作者森見登美彦の世界の濃縮還元とも言えよう。

■そこには瞬間湯沸かし器のような
衝動的な熱血はないのだが、
鍋でグツグツと煮込んだような
ドロドロに煮詰めた情熱があるのだ!
パッションなのだ!


■なので泣いちゃうくらい
真摯に真面目に前進してゆく。

大行進ですよ。

ずんずん行きな。

青春だなぁ。
そして世界の全てがここにあったりもするのですよ。
いやはや。


■ペンギン可愛いし。
登場人物みんなカワイイですよ。

このカタマリを抱えているだけで
随分と幸せなのですよ。

あぁ、よろしかろう。
よろしかろうことよ。




■あ、監督は「フミコの告白」の人なのねー。
はへぇー。

あと男目線で見ても女目線で見ても
どちらも楽しい感じになるので
どこからでも観ると良いよ。

そうそうフリクリのナオ太君とハル子の関係も彷彿とさせるよねー。
良いよねー、背伸びする少年と導くお姉さん。







0 件のコメント:

コメントを投稿