2015年3月9日月曜日

comico規制まとめ

■2015年2月中頃。
comicoに載せている「魔法使いのお時間よ」が
アプリ上の本棚(お気に入り)から消える現象が起こる。
検索すれば見つかるので、バグなのかなと思う。
ーーーーーーーーーーーーー
■2月24日
お問い合わせフォームから問い合わせてみる。
■2月25日
返答「調査のち返答します、しばらくお待ちください」とのこと。
ーーーーーーーーーーーーー
■3月4日
以降返事がなく、
アプリからも見えなくなってしまったので。
もう一度お問い合わせする。
(質問の担当制は設けてないとのこと)

■3月5日
返答「本作につきましては、ベストチャレンジの選定条件に満たしていないと判断したため、現在は通常のチャレンジ作品とさせていただいております。」
とのこと。
この時点でcomicoからその旨のメールは来ていない。
お問い合わせの返事のみ。
ーーーーーーーーーーーーー
■3月8日
選定条件に合わない、規約違反になっている。
あたりなので、コメント欄の宣伝っぽいところを少し消去してみる。
しかし、具体的にはよくわからない。

■3月9日
WEBからも見れなくなる。
comicoからの大量のメールが来る。
「ガイドラインへの内容に抵触している表現が確認できましたため公開を停止させていただきました。公開停止理由の詳細に関しましては原則お伝えすることはできません。」
とのメールが47通来る。

「魔法使いのお時間よ」全話数の数である。





ーーーーーーーーーーーーー
■ただただ、しょんぼりするばかりで。
何がダメなのかは永遠に分からないし。
もちろん何を修正すればいいのかなんて分からない。
というか全話ダメ、ということは
全体的にダメ、だということなので。

手の打ちようが無く
やる気がなくなり、気分が落ち込むばかりである。

やれやれだぜ。
しょんぼり。

一応コミコのリンク、見れないけど。
■comico 


他にも載せてるのでここらでどうぞ。
PC向け
■マンガごっちゃ 

スマホ向け
■マンガボックスインディーズ 

もしかしkindleで自己出版しているのが原因だとかだったら最悪に嫌だなー。
がんばってはいけない、ってことになる。


すべては闇の中~。

comicoお問い合わせフォーム
https://www.comico.jp/inquiry/entry.nhn

追記:
電子コミックは東京以外の漫画家をどう変えるか-Kindle、comico担当者が語る  ‬
kindleで出してるから規制されたのかと思ったけどこんなことをしてるし違うのかなー?
ますますわからーん!

■「他の所でも出してるからダメなんじゃない?」と言う話も聞くのですが、
そういうの他にもいっぱいあるしなー。

本当、教えてくださいよ〜。




■2015 5/1 さらに追加ー。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作品名:口に出すと口が気持ちよくなる言葉(仮)
話のタイトル:チョモランマ
上記、ご投稿いただきました話にガイドラインへの内容に抵触している表現が確認できましたため公開を停止させていただきました。
公開停止理由の詳細に関しましては原則お伝えすることはございません。
改めてご投稿いただきました話の内容、並びにコンテンツガイドラインをもう一度ご確認いただき、修正くださいますようお願い致します。

▼comico-コンテンツガイドライン
 http://static.comico.jp/legal/guideline.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
comicoでは3話目のが公開停止になりました。

「赤坂サカス」「チョモランマ」「果糖ブドウ糖液糖」「シャカシャカチキン」の回。

なんだろう?
赤坂サカスが実在の施設だから?
シャカシャカチキンが商品名だから?
それらが名誉を毀損している?
知的財産権等を侵害しているの?
まぁ考えても答えは教えてくれないので放置しますが。
へこむなぁ。

あとこれ投稿したのが2014.12.18で
公開停止になったのが2015.5.1で
六ヶ月後に公開停止ってそれまで何やってたん?
それとも急に規約が変わったのか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
会社や商品の名前は「商標法」で保護されていますが、漫画の背景に出すことまで禁止する物ではありません。

基本的に悪影響が出る様な表現はダメで、雑誌にスポンサーがついてる場合はそこへの配慮。
逆に一部伏せ字にしたから多少悪口を言っても良い、ってことはないと思うのだけどなぁ。
そこらへんもそう思ってる人多い気がする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4 件のコメント:

  1. 各話最後に漫画ボックスと同様に宣伝を入れたのであれば
    おそらくこの辺りにひっかかつたのかと
    http://static.comico.jp/legal/guideline.html
    活動を含む表現
    特定の商品やサービスを宣伝することが目的と認められる表現
    その他、経済的な利益を得ることが目的と認められる表現

    返信削除
  2. それでも理由くらいは教えてくれてもいいと思いますけどね…
    私はこの作品大好きなので応援しています!!

    返信削除
  3. comico debut cupの要件に、商業化された作品や他サイトで掲載された作品は対象外とありました。
    チャレンジ作品とは関係ないと思いますが、傾向は同じかもしれません。
    Twitterでも危惧されていましたが、権利問題かもしれないですね。

    comico用の新作じゃないと相手にしなくなってきたのかもorz

    ひとまずマンガボックスで「口に出したら口が気持ち良くなる言葉」シリーズ最新作、読まさせていただきました!
    いつも楽しい漫画、ありがとうございます!

    返信削除
  4. badさん
     いや、マンガボックスの漫画の宣伝セリフに入れたものは置いてなくて。
     漫画部分は漫画のみ。
     作者コメント部分でなんとなくほのめかす宣伝をしていたのだけど、それも全部じゃないし。
     kindleの自己出版があやしい所で、それだったら泣くしかないのです。

    ガジュマルさん
     マンガボックスインディーズで掲載されてcomicoでも掲載されているのは、
     私が確認できるだけでも結構残ってます。(ジャンプ+併用とかでも)
     「魔法使いのお時間よ」は別に商業化されてないしなぁ〜。
     とりあえず、読んでくれてありがとう!
     それだけでが心の支えですよ〜。

    あとLINEスタンプとかもかもなー。

    返信削除