自動

2019年2月16日土曜日

【映画感想】劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>


あまり観に行く気なかったのだけど
周りの識者たちが絶賛というわけでなく
しみじみ「良い…」と言うので
観に行ったのであった。

で、結論として良かったのである。

でもなんだ映画として良いって感じではなくて
しかしだからといって悪いわけでは全然なくって
…良いんだよなー。

なんだこれ!



まぁとにかく冴羽獠がカッコいいぞ、って話ですよ。
素手での格闘というか体術的な感じが
むちゃくちゃカッコ良いのですよねー。
そしてそれをした上で
銃を使ったアクションになると
それを上回る素敵さ加減が巻き起こる。

静と動の見せ方が見事なんですよねー。

海坊主はカワイイです^


あとは大体いつも通りの展開。

下手するとあのテレビスペシャルのルパンみたいに
なにか退屈な方におちいりそうなのですが
なんとか耐えた感じ。
あぁ、分かったのは
それらがダメな感じに見えるの
悪役が倒されるためにいる
作者に都合の良いキャラクターになっているからだと
気づきました。


あ、それとオープニングでいきなり
アクションが始まるのですが
車の描写がCGじゃなくって
手描きっぽいのですよねー。
なのに、ゴリゴリ動く。
むちゃくちゃ気持ち良い動きするんですよ。
生き物のように!
そして颯爽と現れるリョウ。
かっこいい〜♪


そして30周年記念でしたっけこれ?
この30年でワタクシ同人誌即売会で東京にちょこちょこ行っていたのですが
宿を新宿あたりで取ることが多くて
シティーハンターはもちろん舞台が新宿なので
一目見て分かるシーンがたくさんになっていて
すごく嬉しい30周年になった!
新宿御苑とか割と最近行ったし、
何気ない通りすら分かるシーンがある!
そんで夜行バスで到着するバスタ新宿で銃撃戦が!^^

楽しい。


曲も最後のGET WILDだけじゃなく挿入歌やBGMとしてバンバン流れるし
あぁ、あと最後エンディングがクール!
今時のスタイリッシュなカットなのだけど
バッチリシティーハンターしている!
アレだ、カウボーイビバップ的なね。
オープニングも同じくカッコいい。

でもまぁアレだな、
ジャッキーチェンの映画とか
バーフバリのあの感じで
お祭り気分で行くと良いと思うよ。

シティーハンター全然知らない人も
逆にこれ見ただけでシティーハンターが全部分かる
ってことだから超お得!


楽しくって
カッコよくって
映画館出た時は肩で風を切って歩いてしまいますよ。

解けない愛のパズルを抱いて
暗闇走り抜けますよ!

良かった、良かった^

槇村!
















0 件のコメント:

コメントを投稿