自動

2019年2月11日月曜日

宇宙は落下している


■なにやら調べていると
「宇宙は無重力では無い」
ということらしい。

■基本的に宇宙空間で静止することはできない。

地球の軌道上を回っている衛星は
止まっているように見えても
地球の自転回転速度と同じスピードで回っているわけだ。


■もちろん自転の他に
太陽の周りを回る公転しているし、

太陽系自体も宇宙空間を楕円を描き移動している。

さらに宇宙自体も外側に向かって膨張し続けている。

■で、無重力状態というのは
地球上でも落下するときに感じることができる。

無重力とは引力と落下のスピードが同じになるときに起こる。

つまり無重力とは落下である。

■そして宇宙には上も下もない。

どこか重力の方向に向かって落下していくのである。

それがどこか重力の根もと惑星などに
たどり着いたとしても
その惑星自体もどこかの引力に引かれて
落下し続けている。

■それはもう、宇宙自体が
落下し続けていると言っても
よいのではないだろうか。

知らんけど(知らんのかい!)




好きな言葉:煙に巻く。








0 件のコメント:

コメントを投稿