2017年12月23日土曜日

【映画感想】カンフー・ヨガ【#kungfuyoga】


うおー!やったー!
タノシー!
最高ですよ!
嬉しい映画です!


なんとなくタイトルからは
カンフーマスターとヨガの達人が対決する映画みたいに思えますが。
実際は中国とインドが手を組んで「インディージョーンズ」を作ったのですよ!
ジャッキーは考古学者なのです。
マスターキートンっぽくもありますな。


その考古学者の彼に古代遺跡を見つけて欲しいと依頼が来るのです。
そうしていくうちにその財宝を狙う悪の組織?や
インドの王族の思惑やらに巻き込まれて
怒涛の大冒険に巻き込まれてゆくのです!


もう、その冒険的アクションシーンに
これまでの映画の全てをぶっ込んだみたいな
極上のエンターテイメント!
氷河の下を潜り
古代遺跡の迷宮に迷い込み
猛獣に襲われ
スポーツカーで制限速度無視の爆走カーチェイス!
そしてもちろん全ての戦いにカンフーがある!
ジャッキーがすごいのはともかく
若手の俳優さんもむちゃくちゃカンフー使いなので
あぁ、ジャッキーチェンの弟子的な人たちなのかなぁ、
とか思ってパンフレット見たら
(久々に面白すぎたのでパンフレットを買ってしまった!)
ひとりはシンガーソングライター
ひとりはアイドル
なんですよねー。
アイドルなのにジャッキーと互角に戦っとるで!
すげぇな中国!


そしてヨガチームの俳優さんは
本格的ヨガマスターみたいなのよねー。
これが敵対する相手ではなくて
互いに協力して冒険に向かうのね。

ある場所で
「ここは水中を7分ほど潜らないとダメだ」
というところで
「ヨガなら可能よ」
とか言っちゃうのだ^


そんな感じでもう延々バトルシーンがある感じなのだけど
全ての人の体術がとんでもないレベルなので
もう楽しくって仕方がない。
まるでダンスのようなバトルなのです。
良いなぁ。


あと悪役の人が出て来るのですが
インドの大物俳優で大物プロデューサーでもあるらしく
貫禄たっぷり
そしてナイスな悪役っぷり!
ダンディなのです!
インドの竹内力といった風情なのですよ!
かっちょイイ〜。


基本的にジャッキー映画の流れを大加速させたようなもので
面白要素が多すぎてたまらんのですわ。
どんなシーンでもギャグを入れて来るのも楽しいですしねー。

そんなこんなでとても良かったのですが。
ラストシーンで「え!?」と思ったけど
あぁ、そうかー!そうなのだな!
とニッコニコ!
あぁ!あぁ、あぁ〜!
喜びと幸せが溢れ出す!
これがラブ&ピースなんやでー!
うわー!
ありがとう!
ありがとうございます〜!
両手を合わせて、ナマステ〜。



いや〜本当、日々の生活や、世界の現状に苛立ちを感じでいる人は
ここに立ち返らなければ
この楽しさを忘れてはいけないのだよ〜。

全ての人が目指すべきはカンフーヨガだったのだ!
愛と平和の映画なのです!

ヤッター!
コングラッチレーショーン!



冒頭の太古のエピソードで出て来る
若い頃のジャッキーチェンみたいなの
別の役者さんなのかしら?
それとも本人?

小ネタでインドのロープマジック出て来たの興奮!
白土三平のサスケ?で読んだ記憶。
それは映画の中でタネを出しているのだけど
それをそうしておいて
もう一つ空中浮遊のやつはタネ無いよ!
って感じにしちゃうの、
手品の肝をわかってる〜、って感じでとてもグッドです^

あと悪役の人が吹っ飛ぶ車からスマートに脱出する所シビれる!^^






0 件のコメント:

コメントを投稿