2018年7月21日土曜日

【映画感想】「未来のミライ」細田守監督


■変な映画!^^
いやー、全然想像していたのとは違う映画でした。
冒険的な映画でもなく
恋愛的な映画でもない
なので危機的状況に追い詰められて
盛り上がったりもしない。

でも凄い!
すごく良い映画なのでした。


■なんていうか日常系?
漫画「よつばと!」を映像化して映画化したらこういう感じになるのかも!
というすっごく真っ芯を捉えた場所なんですよねー。

家族の話のように見えるんですが
他人の話なんですよねー。

■過去と現在、そして未来をポンポンと飛んでゆくお話なのですが。

周りが理解してくれなくって
「なんで私の気持ちをわかってくれないの!」
「なんでそんなこと言うんだ!オマエが何考えてんだかさっぱりわかんないよ!」
そんなことを言ってしまうとき。

その自分に対して嫌だと思うことを
あなた自身が既に誰かにやっている。
そしてそのことをすっかり忘れている。

「ほら、オマエもやってんじゃん」
ってそのカウンターパンチで
ゾロゾロと見せ付けられるんですよね。


■それは何かといえば
「誰も私の気持ちなんてわかってくれない!」
なんてのは嘘で
ほとんどの人間は大して違いがないってこと。

ただ大人だったり子供だったり
時代が違ったりで
立場が違うだけで
根本的にはほとんど違いのない
ただの人間で。

嫌な部分も良い部分もほとんどいっしょ。

まだ自分がその立場にたどり着いてないか
昔のことですっかり忘れてしまっているか
それだけのこと。

■そんないろんな立場の人が集まったのが家族ってわけで
全員他人なわけだけど、
皆を同時に子供に戻してみれば
そこに大した違いはなかったりするのよね。

■「人の気持ちを考えよう」
なんてことを丁重に説明した映画なのかもしれません。

なので自分と同じ状況同じ性格同じ年齢のキャラクターでないと
感情移入できない人は
この映画を見てイラっとするかもしれませんね。

それはそのまま
人の気持ちが考えられないってことですよ。
自分の今のことしか考えられねぇダメ人間。
うひひひ。


■でも、だからこそ
人の気持ちを考えるってことは
別に他人になりきらなくっても
自分の過去と
自分の未来の気持ちを
想像すればそれは簡単。

■私自身も結婚してないし
恋人もいないし
家族を捉えたこの映画とは無縁のような気もするけど
自分の過去の気持ち
自分の未来の気持ちを
取り戻すのにこの映画はうってつけ。


■今、家族がいる人は
自分が親になることや
おじいちゃんおばあちゃんになることを
ほんのり想像できるかもしれないけど。

自分が「ひいじいちゃん」「ひいばあちゃん」になることは
想像もしていないことだろう。

■そうなんだよ、多くの人は
今自分が生きているこの瞬間を「現在」として捉えて
今の自分を「結果」だと思っている。

違うねん。
あなたが「ひいおじいちゃん」「ひいおばあちゃん」になった時
その孫やひ孫から見たあなたは
スタート地点なんだよ!
「あなたが始まり、最初の人物なんですよー!!!」

なんてことを思ったりしましたよ。
ぐるぐる回るぜ〜。
楽しい〜。



■あとイケメンが出るよ。
声優は知らずに見ていたのでしたが
声優もイケメンだった!
そして犬カワイイ!
未来の新幹線も超良い!
あと、駅の落し物係の人も好きだな〜。

■割とあっさり終わってしまったな、と感じるかもしれませんが
見終わった後にグルグル回って行きますよ。
多分10年後とかに、あぁ!とか思い出しそう^^

しみるぜ。












魔法使いのお時間よ 42話
少年ジャンプルーキー 

そうそう「未来のミライ」
登場人物全員に感情移入すると
とても楽しいですよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿