2016年12月21日水曜日

【漫画感想】「動物たち」panpanya


以前から気になっていたんだけど
ずっとお金がなくて買えなかった。
前に東京帰りのバス待ちで漫画喫茶に行ったとき1冊だけ読んでいた。



そんなところなのだが
今回新刊が出ていたのでスルリと買ってしまった。
そして読んだらこれが面白い!
いや、面白いと言うかすごくハマった。
私にピッタリの漫画だったのだ!



みっちりと詰まった背景に
サラリとした線で描かれた人物が
日常に起こったことや感じたことを
日記のようにつらつらと綴っている。
特に何事も無いようで
しかし少し奇妙で
時にはダイナミックに物語が沸き上がる。


あまり読んだことないけど「つげ義春」のテイストに近いのかもしれない。
夢のようなゆらゆらした話が
にゅるにゅる進んで行く。



だが、夢の話のように全てが荒唐無稽というわけではなく。
現実に夢の世界が良いバランスで滲み出た様な感じだ。
それが本当にほどよい塩梅で
温泉に浸かって体と脳をほぐすような心地良さ。

何度もグルグルと読んでしまう。
なんだろう
ひとりで町を散歩するのが好きな人とかバッチリハマると思う。
そして表題の「動物」がカワイイ!^^

はぁー馴染む。
体になじむ漫画ですよー。
というわけで既刊も全部買ってきた!
ひゃっほ〜い♪





0 件のコメント:

コメントを投稿