2016年11月30日水曜日

【漫画感想】「バカ姉弟」安達哲



新刊だったのでビックリした。
月間ヤングマガジンで連載してたようだ。
10年ぶりなんだそうだ。
前回までのは全5巻出てるよ。
とても好き。
というかガッツリ好き。
こんな漫画が描けたら良いなぁとうっとり憧れてしまうほどに。



姉と弟の双子の
5歳くらいの
ご姉弟の
なにげない日常を切り取った漫画。

それが嬉しくって幸せで楽しいのだ。



お二人はなかなか優秀な子達で
今は両親が忙しく二人だけでずっと暮らしている。
でも、まわりの大人たちが何かと世話をしてくれるのだ。

世話をすると言っても
「してあげてる」じゃなくて
「お世話したい!」と熱烈に思ってしまうほど
お二人はカワイイ。

そのカワイイも可愛らしくてカワイイじゃなく。
かと言って子供らしくてカワイイってわけでもない。

それは例えるのが難しいのだが
あえて言うのならば
「仏様のようにカワイイ」
なのだ。



すっごく親しみ易い尊さがそこにある。
よく子供は仏性そのものだ、みたいな話があるが。
そんな感じだ。
みんながみんな、お二人をかまってしまいたくなる。

そして回りにいる人達もとても魅力的な人達なのだ。
とても良い世界がお二人の回りに広がっている。
回りの人がいるからそうなのか
お二人がいるからそうなのか



それはともかく
心がゆったりまあるくなるので
ほてほてと読むが良いよ。

この世は捨てたもんじゃ無ぇですよ。






0 件のコメント:

コメントを投稿