2018年9月17日月曜日

二次創作と一次創作


■いわゆるパロディとか
誰かの作ったキャラや設定を借りて
自分で別の話を作ってしまうのが二次創作ですね。

一次創作はそのまま普通にオリジナルの創作のことです。

■六田登の「獅子の王国」って漫画があって
稀代の彫刻家ミケランジェロの話なんだけど
その彼が創作で悩んでいるときに

「女は何の創造性を発揮することもなく、
その股からするりと”天使”創り上げやがる!」

とか言うシーンがあって
とても印象に残っているんですよね。

そうなんですよ。
女性は天使を創ることができるんですよね。
ズルい!^^

■そして、男は自分が産むわけじゃないから。
もちろん遺伝子的には繋がるんだろうけど
女性よりかは自分が死んだら全て終わり感が強い。

なので何か自分の創作物を残したい!
と言う希望を持ってしまうんじゃなかろうか?

なんてね。

■男が戦争するのも競争するのも
自分の人生には何もなかったんじゃなかろうか?
なんて思うのが怖くて寂しくて悲しいので
何か、何か、目に見えるトロフィーが欲しいのですよ。

悲しい生き物やねん。

■生きてるだけで丸儲け。

なんて言わんとやっとられんのじゃ。

そんな感じー。

■やはり娯楽を本当に楽しめてるのは
女性の方だよな、とか思うのですよ。
二次創作は娯楽なのです。
喜びを創り、創っている本人さえ喜ぶ。

■一次創作も喜びを与えるものなのですが
なぜか創作者は苦しみ悶えて創っていることもありますものね。

なむなむ。

諸行無常の響きありー。


極楽京都日記: 著作権 

0 件のコメント:

コメントを投稿