2017年3月7日火曜日

格差社会


なんでしたっけ?
「評価経済」とかいうやつ
その人の価値は周りの評価で決まるという話。

人気者は評価が高い
優しい人も評価が高い
そしてそんな周りから良い人だと思われている人は得をする。
初めはちょっとおごってもらったりするだけかもしれないが
それが高まってくると良い人であるだけでお金が入ってくる。
働かなくても良い人であるだけで生活が成り立ったりしてしまう。

■逆に、
人から嫌われる不人気者は評価が低いし
その性格のせいで少しずつ損をする。
その不人気具合が高まると、周りには誰も寄ってこなくなり。
何をするにも高額なお金を払わないと
その人のために動こうという人はいなくなる。

■わかりやすく「良い人」「悪い人」で書いたが
実際には
「人気のある人」「評判の高い人」
多くの人はその人と友達になると「得」だと思うだろう。

「嫌われ者」「評判の悪い人」と
積極的にお近づきになりたい人は稀であろう。


■近代、ごく最近までは「お金を多く持っている人」に人は集まっていた。
しかし、それは「生活費を稼ぐために仕方なし」に集まる程度だ。
お金を持っている人に集まる人は仕方なしに集まっている人だ。
会社や取引先など。

で、アイドルにお金をつぎ込む人がいる。
アイドルがその人にとって良い人だからだ。

そしてお金持ちの人は積極的に人気者と友達になろうとする。
人気者と友達であることは自分の資産価値を上げるからだ。

人もお金も人気者に集約されていく。

■そんなのはズルい!
不平等だ!
なんてことを言うのならば
あなたは積極的に嫌な人と友達になり。
評判の悪い人のご機嫌を取ると良いだろう。

そう、それは明らかに「損」なのだ。

まずい飯に高い金を払うようなものだ。

■払う金がないんだよ。
という人はますます
自分が人気者になれば良いのだ。

いや、そんな全国的な人気者になる必要はない。
ご近所で、小さな仲間内で
「あいつといると楽しいよな」
って思える奴になればいい。
お土産のまんじゅうがひとつしかなかった時。
その相手は迷わず君にくれるだろう。
君がお金に困っているのならば
何も聞かずにお金を貸してくれる。

君は感謝し、ますます良い人になる。
そしてますます評価は上がり。
ますます儲かってゆくのだ。

極楽京都日記: 平等主義者! 

極楽京都日記: 自己中心的評価 


極楽京都日記: 【漫画感想】ドリフターズ5 平野耕太 

漫画で好きなキャラクターがいたとして
あなたはその人物の何が好き?

金持ちだから好きなのか?

現実の人選びも、もうキャラ選びなのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿