自動

2019年6月16日日曜日

【2019京都磔磔】七尾旅人ライブStray Dogsの冒険


■というわけで七尾旅人のライブに行ってきたのでした。
とても良かった!
ナイス!

■ウッドベースの人がジャズ畑の人で
七尾旅人の変幻自在感にものの見事に食らいついてて
スゲエと思いました。
カホンの人は前日に頼まれたらしい。
マジで!?^^

■いつものライブは思いついた曲をどんどんやっていく感じなのだけど
今回はちゃんと最近出したCDからの選曲で。
そうするべきだ。
と、いうことを最近知った20周年らしい^
水を飲むタイミングも最近教えてもらったそうだ。

■そしてしきりに京都のお客さん凄い良い。
と言ってくれてこちらも嬉しかった。

お客さんとのコール&レスポンスが起こって
盛り上がった時に突如演奏を止めて
「ちょっと、待ってこんなのあまり無いから感動して情緒不安定になる、やめて!」
と照れながら言ったり。
いや、でもお客さんにいろいろ歌わせるの
すごく綺麗なハーモニーになっていた瞬間があって、
うっとりでしたよ。

■七尾旅人のライブは昔に大阪のに行って
その時も無限に演奏する感じで
京都から行っていたので終電大丈夫か!?
って感じだったのですが。
今回も5時から始まって9時くらいまで?
ほぼ4時間ぶっ通し!
前列は椅子だったのだけど、後列はスタンディングなので
4時間立ちっぱなし!
足がスティック!
帰って、寝て、朝起きたら、軽く筋肉痛だよ!
楽しかったけどね!

■それとあとは同志社大学の学園祭とかも見に行った。
向井秀徳も一緒に見た。
よく考えると貴重なライブだったのかも。

■それ以前はドミューンの生放送によく出ていたので
見ていたのだよね。
本当はそれよりももっと前に存在は知っていたのだけど
初めてレコード屋でCD視聴した時
「こいつは天才だ!今聞くと私は立ち直れなくて死ぬ!」
とか思ってCDとか買うのは
それからもう少し立ってからだったのだ。

■そんなかんなで、ライブは凄い良かったのです。
漫画は半分フィクションですがだいたい本当です。
精神科医の先生はファンでほとんどのライブに参戦しているとか。
途中でお客さんの女の子を舞台に招いて
不思議なセッションが始まったのでした。
何か振動すると音が出る装置を帽子のつばに付けて
叩くと音が出るってやつです。

■まま、取り留めがなくなるので
このへんで。

良きかな、良きかな。
はんなりでおじゃる。





七尾旅人 http://tavito.net/












0 件のコメント:

コメントを投稿