自動

2019年6月8日土曜日

【映画感想】海獣の子供


■海獣の子供は絶対アニメ化は不可能だろうなぁ、
と思っていたのだが。
出来てしまった!
すごい!

五十嵐大介の超絶画力と超絶イマジネーション力を
アニメに全部取り込んで消化して爆発させた!


■原作はやっぱり映画としては少し長いので
色々カットされているんだけど
見せたいシーンは色々入れ替えて
つなぎ合わせて全部入っているので
この物語の中心部分はガッツリ掴んで広がっているのですよ。

■海と生命、クジラ、深海魚、火球。
自然派ナチュラリストな風味もただよいますが。
そんな生やさしいもんじゃねぇ!
圧倒的大自然の生命の根源的な暴力にも似た優しさ。

海の沖で深い深いブルーを覗いてしまった時に感じる
あの恐怖!


■でも、知りたい。
「私たちはどこから来て、どこに行くのか」
なんて、中学生がカッコつけるために考えたフリをする、あのアレを
本当に突き詰めて思考してゆく。

■世界の秘密に飛び込んでゆく。
それは恐ろしくもあるが
盛大なお祭りでもある。
フェスティバルだ!

地球の、宇宙の、誕生の、フェスティバル!


■そんなのは見逃すわけにはいかない。
最前列でじっくりと体験したいものだ。
一番近くの観測者になりたい。

■そして大きなそれは
小さな自分と同じものなのだ。
細胞の中の分子や電子の動きは
まるで惑星だ。
そう!
私が、君こそが宇宙なのだ。
それは溢れるパワーで満ち満ちている。


■なーんて感じのことを
アニメの映像でガンガンやってくれるので
たまんないのですわよ。

ただ緻密で繊細で綺麗ってだけじゃなくて
それ以上の何か奥底にある中心を描き出そうと。
狂気を持って描いていますよ。

よくあるアニメの手癖がない感じなのです。
そして精密さに逃げることもしない。
詳細に命の勢いを掴める塊のように
ゴロリとそこに映し出す。


■初めの町の風景とかすごいよねぇ。
微妙にCG使って背景を動かしていたり。
あからさまにキラキラしているわけじゃないのに
輝いているんですよねー。
そこかしこが。

はぁー、またアニメが進歩してますわ。
怖い怖い。


■そう、アレだ。
神様と悪魔を同時に描いてる感じで。
どっちが悪くも良くもなく。
ただただ圧倒されるのよね。
人間ごときの判断など
まだまだ甘いのだぜ。
なんて言わんばかりに。

鯨のソングも良かったねー。















0 件のコメント:

コメントを投稿