自動

2019年4月28日日曜日

【漫画感想】「ひょうひょう」ネルノダイスキ


■みっちりと描かれた背景に
シンプルな人物がポツンと置かれている。
アート系と言おうか
しかしそんなに深刻なものではなく、
だからと言って軽くも無い。

作者の世界がそこにある。


■スタイル的に漫画家panpnaya氏と似ている気がするが
それは表面上だけで
やっぱり作者が違うと
全然違うものになるのだなぁ、と
不思議な感覚だ。

■panpnaya氏は現実の世界を自身の独自のフィルターを通して描いてる感じ。
ネルノダイスキ氏は自身の脳内世界を構築して描き写してる感じ。


■なのでなんでもそこにあるわけでなく
あくまで自身の知り得ることと
想像しうることが描かれてある。

でも、それは他人の脳内を覗き込むようで
とても楽しい。


■その人が夢の中で
何度も行く場所があったりする。
現実の世界には無い場所なのだけど。
夢の中のその地図はじわじわと広がっていく。

その夢の中には
その夢独自の神様がいて
その夢独自のルールがあり
その夢独自の死後の世界がある。

それは多分、ほとんどの人にあるのだろうけど。
それを覚えていて描ける人は稀だ。


■なのでこの本は貴重である。
たった一冊本を買うだけで
ひとつの世界を手に入れることが出来るのだ。
丸儲けだ。
しめしめですよ。












0 件のコメント:

コメントを投稿